壁面緑化のメリットは?注意すべき点はあるの?

壁面緑化のメリットは?注意すべき点はあるの? post thumbnail image

壁面緑化にはどんなメリットがあるの?

壁面緑化とはその名の通り、壁面を植物が覆った状態になっているものを指します。ヒートアイランド対策や都市空間の美化演出などを目的として推進され、地球環境の変化等もあり年々注目を集めています。

壁面緑化された景観は、緑が目に優しく美しいものです。規模やデザインにより人に爽やかさや心地良い印象を与えることができます。周囲へのイメージが重要となる企業や店舗でも、取り入れられることが増えているようです。また、植物を取り入れることにより空気の浄化という効果も得ることができます。環境汚染において空気の浄化は非常に重要な課題ですね。植物は光合成の際に二酸化炭素を体内に取り込み酸素を吐きだし、大気汚染物質である窒素酸化物も吸収し代謝しています。そのため、汚染された空気の浄化に有効的と言えるでしょう。

壁面緑化を取り入れる際の注意点

壁面緑化に必要とされる植物は、もちろん手入れが必須です。管理を怠ってしまった場合、景観的にも良くありませんがそれ以上に周囲の迷惑になることもあります。植物は成長していくので、注意しないと隣地まで伸び侵入してしまうこともあります。また、伸びたつるや葉が電線、電話線に巻き付いてしまうと、大きなトラブルに発展してしまいかねません。落ちた葉に対しても、そのまま放置すると不快に感じる方もいらっしゃるでしょうし、転倒の原因にもなります。虫が集まる恐れもあるので、人体に影響のない薬品で寄せ付けないようにしっかりと対策をしましょう。

せっかく壁面緑化を行っても、好ましい状態を保てなければメリットも半減です。

見た目の美しさはもちろん大切ですが、周囲への影響もきちんと把握しトラブルにならないよう管理しましょう。

近年の中国の各都市では大気汚染や緑化可能な土地の少なさなどの環境問題を抱えるようになったことから、壁面緑化に注目が集まっています。

Related Post