内祝いは何を贈れば良いの?迷ったならばカタログギフト

内祝いは何を贈れば良いの?迷ったならばカタログギフト post thumbnail image

内祝いで贈る品に悩む理由

出産祝いや病気のお見舞いなどで贈り物やお金をいただくことがありますが、その時のお返し(内祝い)で何を贈れば良いのかと悩む人は多いでしょう。その理由としては状況によって品物の最適な「相場」や「種類」が変わるからです。内祝いであれば、相場はいただいた贈り物やお金の価値の半分から3分の1程度とされます。品物の種類については、相手の年齢や家族構成だけでなく趣味嗜好も考慮しなければいけません。

カタログギフトならば簡単に悩みを解決できる

近年の内祝いでは、カタログギフトを贈る事が増えてきています。それは、内祝いについての悩みを簡単に解決できるというメリットがあるからです。カタログギフトは、金額ごとに種類が分かれています。相手から贈られた贈り物やお金の価値に応じて、「相場」のカタログギフトを選ぶだけです。そして、「種類」ですが、グルメや日用品、体験型ギフトなどさまざまな品から、相手が好きなものを選べます。相手の家庭や趣味嗜好に配慮して選ぶ手間がなくなるので、贈る側の負担は軽いです。

カタログギフトの注意点

カタログギフトには、メリットと同時にデメリットも存在します。それは、カタログの中に、必ずしも欲しい品があるとは限らないということです。結果として贈られた相手は、何も頼まないこともあります。また、自分で選ばなかったことで、誠意がないと受け取られることもあるかもしれません。特にカタログギフトに馴染みがない年配の方には、そう感じる方もいるようなので、カタログギフトは避けた方がいい場合もあります。

内祝いとは、家族や親族などの身内で起きた幸せを日ごろから感謝している人たちに幸せのお裾分けをするという意味がありました。昨今では、お祝いで頂いた品物のお返しで使用されています。

Related Post