紫外線が与える影響と対策としてのサングラス選び

紫外線が与える影響と対策としてのサングラス選び post thumbnail image

紫外線は目にも悪影響を与える

夏日になると、太陽の光を浴びる機会が増えますが、太陽の光に含まれる紫外線は体に悪影響を与えるため、何らかの対策が必要です。紫外線を浴び続けると、日焼けを始めとした肌トラブルに加えて、皮膚疾患といった病気の原因にもなるため、体全体に日焼け止めクリームを塗るといった対策をするようになります。太陽の光を直視する目も例外ではなく、ドライアイ等が頻繁に起こるのみならず、白内障といった深刻な被害を引き起こす可能性が高まります。

紫外線対策としてサングラスが注目される

通勤時間等、外に出る時間が短い場合に限られるものの、元来、人間の目には、紫外線を防ぐ力が備わっている点が特徴です。しかし、仕事等で外に出る時間が長い場合、紫外線を防ぐ力が弱まり、視力や視界に影響を及ぼす病気を引き起こすリスクが高まります。こうした、紫外線が引き起こす、目に関する病気を防ぐ方法として、サングラスが注目されています。

紫外線を防ぐサングラスの選び方

紫外線を防ぐ目的でサングラスを選ぶ基準としては、紫外線透過率が大きな鍵となり、透過率が低いほど、紫外線対策に効果を発揮します。具体的には、紫外線を99パーセントカットできる、紫外線透過率が「1パーセント以下」と表示されているかが、一つの目安です。サングラス本来の機能である、紫外線透過率が低いほど、値段は高くなりますが、目の病気を引き起こすリスクを考慮した場合、結果的には損をしない買い物と言えます。

よく、「色の濃いレンズほど、紫外線対策に良い」と一般的に言われますが、レンズの色の濃さは紫外線対策とは無関係です。

サングラスは、紫外線防止やオシャレ、花粉症対策など様々な用途のものが出回っており、眼科から通販サイトまで多くの場所で販売が行われています。

Related Post